引越しをする際にすべきこととは?

引越しというのは、精神的にも肉体的にも、とても大変だと聞きます。

単身赴任や一人暮らしの場合は、そう荷物もありませんし、近所のあいさつ周り等もほどほどなので、そう煩わしいことはないでしょう。 しかし、家族ぐるみで引っ越しといった場合や、一戸建てに越すとなると、それなりに荷物も多くなりますから、何度も荷物の運び出しをしたりと、とても大変になってくるのです。

又、荷物だけでなく、様々な手続きもありますので、ゆっくりしている暇がありません。 例えば、住民票の変更や郵便局への提出、免許証の住所変更や携帯電話の住所変更、その他にも、株取引を行っていれば、証券会社への登録内容の変更もしなければなりませんし、ネットを利用していれば、プロバイダー契約会社への住所変更も行わないといけません。   他にも、住んでいた所の電気やガス・水道局へ電話をして、停止させ、新しい住所での新規契約を行います。

生命保険や各種保険の住所変更、クレジットカードの住所変更、車検証の住所変更がありますし、お子さんがいれば、子供の転校手続き、転入手続だってしないわけにはいかないのです。

手続きの他にも、引っ越しの荷物を運ぶための業者選びや、持っていくものを段ボールに入れる等の荷造り、要らないものは、捨てるといったゴミ出し作業もあり、本当に休む暇もありません。

古い家電や家具等は引っ越す前に処分して、新しい土地で新しく買い揃えるといった場合には、お店に買いに行くという時間も必要ですから、引っ越し前も引っ越した後も、用事が多いので、忘れることなく、メモを取っておくと良いと思います。

このように引っ越しというものは、目まぐるしく多忙となりますので、過労で倒れないように、しっかりと体力を付けておくということも大事なことでしょう。
又、引越し業者の選び方も非常に大切になりますので、そちらの情報も事前に調べておく必要があります。